(Disney 4) ホスピリティーの授業について

グループワークで作成したポスター

こんにちは。

国際キャリア学科の平野光華です。今回は、1月中にUCR Extensionで履修する2週間のホスピタリティーの授業について説明します。

ホスピタリティーの授業 (Introduction to the Global Hospitality Industry)は週5日あり、8時半から16時半まで受けます。授業時間は長いですが、15分程度の休憩や途中1時間の昼休憩があるので大丈夫です。この授業は、ホスピタリティーの基礎から学ぶことのできる授業です。授業内容ごとに先生が変わるため、毎日がとても新鮮です。各授業必ずグループワークの時間があり、仲間と話し合いをしたり、考えをまとめてポスターに絵を描いたりします。また、団結力を高めるために仲間と協力してパスタでタワーを作ることもあり、非常に楽しい授業です。更に、バスに乗って素晴らしいホスピタリティーを提供するホテル内を見学したり、ホテルのスタッフの方々からお話を伺うこともあります。授業最終日には、テストとグループプレゼンテーションがあります。私は日本人2人とスペイン人3人の5人グループでCruise Industryについてのプレゼンテーションを行いました。

 

この2週間の授業中は、ホームステイではなくUCR Extensionの建物内の部屋で生活をします。ホテルのような素敵な2人部屋で生活できるだけでなく、朝食や部屋の清掃サービスも付いてきます。

UCRの寮

 

このホスピタリティーの授業を終えるといよいよフロリダに移動します。タイトル (Disney 5) では、国際学科の望月さんがフロリダでの新生活について紹介します。