(Disney 10) フロリダでの授業について

一緒に授業を受けた仲間達 (※肖像権の関係で写真はぼかし加工が施されています。)

こんにちは。国際キャリア学科の平野光華です。

今回は、ウォルト・ディズニー・ワールドにてインターンシップ中に受けた授業についてお話ししたいと思います。

 

フロリダでは、主に3つの授業を受けます。

1つ目は、Disney Supervised Trainingというオンライン授業です。この授業では、UCRの学生専用サイト上に出された課題をこなし、期限内に提出するタイプの授業です。課題内容は、ディズニーで働くことに関するレポートの執筆が多く、2週間に一度そのレポートを提出します。

 

2つ目は、選択オンライン授業です。2019年はUCR Extensionが提供するCustomer Survice Management、Strategic Marketing and the Marketing Plan、Consumer Behavior、Organizational Leadershipの4つの授業の中から1つ選択し履修することができました。私や望月さんは、Consumer Behaviorを選択しました。この授業では、商品デザインや状況が消費者行動に与える影響について学習しました。毎週オンライン授業上で自分の意見を投稿する必要があるため、授業のパワーポイントや動画を理解することが重要です。

 

3つ目は、週に1度教室で受けるタイプの授業です。私達は、Advanced Studies in Hospitality Management、Human Resource Management、Corporate Communicationの3つから1つ選択することができ、私と望月さんはHospitality Managementを受けました。1月中にUCR Extensionでホスピタリティーの基礎を学びますが、この授業ではより専門的な知識を得ることが可能です。私達は毎週金曜日の9時半から13時半まで授業を受け、夕方から夜は働くことが多かったです。また、宿題としてほぼ毎週小テストをオンライン上で受ける必要があり、制限時間内に全ての問題に解答出来るよう、授業で学んだことを復習し覚えることが重要でした。1つ目として紹介したSupervised Training以外の授業は4月から始まります。

 

最後は、タイトル (Disney 11)にてディズニーインターンシップの卒業イベントについて望月さんとともに紹介したいと思います。