3-7 データベースをつかう 

 情報(データ)を種類別に整理し蓄積し、検索機能によって容易に情報収集できるようになったものがデータベースです「あるテーマ、著者についての論文を収集したい」「引用情報を見たい」といったときに便利です。

 本学では「海外の特定分野の学術雑誌からキーワードで探す」 「国内の大学図書館で所蔵されているものの中から探す「目次・あらすじから探す」「日本の古典籍の中から探す」などさまざまな目的別のデータベースが利用できます「索引情報」を収録しているもの、論文の全文を読めるもの、「映像」「音楽」などを収録しているもののほか、近年では「図表やグラフ」、手紙やメモなどの 「一次資料」を収録したものも増えつつあります。本学で契約しているデータベースとフリーで利用できるおすすめのデータベースのリストは図書館発行の『学術情報データベース一覧』を参照してください。

 最近はどのデータベースも操作性の向上したインターフェースになっていますが、上手に利用するためにはいくつかの手順を身につけておきましょう。

スクリーンショット 2015-04-28 13.53.15
スクリーンショット 2015-04-28 13.54.30

データベースへのアクセス方法
次の二通りのアクセス方法があります。
 *図書館ウェブサイト>蔵書・情報検索(学内の方)>目的別・分野別・A-Z
 *MyLibrary>サブジェクトゲートウェイ
                >目的別・分野別・複合検索・A-Z・お気に入り

自宅など、学外からデータベースを利用したい場合は、まず情報センターに「SSL-VPN利用申請書」を提出し手続きしておきましょう。


← 前へ      次へ →