7-5 図書館施設・ICTの利用 

▪️アクティブラーニングエリア

 
  アクティブラーニングとは、学習者が主体性を持って能動的に思考する、参加型の学習をいいます。図書館では、静かに学習できるエリアだけでなく、図書・資料を使いながら、グループでディスカッションや発表の準備などができる、アクティブラーニングエリアを用意しています。可動式の机やいす、ホワイトボード、大型ディスプレイ、プロジェクターなどを備え、自分たちで使いやすいように動かして利用できます。
  白金図書館には2Fフロア、横浜図書館には1F アクティブコモンズ、りぶら、2F アクティブラボなどがあります。
 ほかの学生の知的好奇心を刺激するような、新しい学習スタイルを作り出すみなさんの利用を期待しています。

▪️図書館予約利用申請
 
 授業の事前・事後学習で席を予約することができます。
  横浜図書館のみ、授業の事前・事後学習で貸出用プロジェクタを予約できます。
・白金 グループ学習室2
・横浜 1F:スタディエリア・ダイナーソファ、2F:アクティブラボ
 
▪️パソコン
 
 図書館内のパソコンは、用途に合わせて使い分けています。
・情報検索PC 
図書館のデータベースを検索したり、インターネットの情報収集をして、
レポート作成できます。
・貸出ノートPC 
図書館のデータベースを検索したり、インターネットの情報収集をして、レポート作成できます。図書館内では無線LANでインターネット接続できます。アクティブラーニングエリアでは貸出ノートPCをお使いください。白金は2Fカウンターにて、横浜はPCセルフ貸出機にて貸出しています。
キャンパス内でのご利用となります。必ず当日中に返却してください。
・持ち込みPC 
学生のみなさんは、ご自身のパソコンからも、学内ネットワークに接続できます。
設定方法などは情報センターへお問い合わせください。
・OPAC(蔵書検索)専用PC 
図書館の蔵書検索専用のPCです。レシートプリンタから「請求メモ」を出力できます。
 
図書館で活躍する学生たち~学生サポーター
 学生サポーターは学生と図書館をつなぎ、「学生から学生へ」伝える大切な役割を担っています。現在は白金、横浜ともに10名前後の学生が勤務。

メンバーはポートヘボンなどで随時募集しています。

白金での様子

 

 テーマに沿ったおすすめ本を展示する「黒板展示」や普段入ることのできない
地下書庫を案内する「地下書庫見学ツアー」の開催など、学生らしさを活かした
企画を担当しています。

書架整理、返本、館内巡回などもしていますので、わからないときにはお気軽に声をかけてください。

横浜での様子

 日替わりの「今日は何の日?」企画では、今日が何の日情報とあわせて図書館所蔵本を展示。館内には学生サポーター専用の書架もあり、図書館活用法や夏休みのおススメ旅行先など時期に合わせたテーマで企画展示を実施しています。そのほか館内のITカウンターも担当し、学生からのIT関連の質問に対応しています。   

▪️オンデマンドプリンタ

 

 図書館のパソコンから印刷指示したドキュメントを、ポートヘボンのIDで呼び出して印刷を実行します。データは翌日まで保持されており、印刷指示したキャンパス内のいずれのプリンタからでも出力できます。印刷はポイント制です。

    初期ポイントと追加ポイント

○使用ポイント

モノクロ印刷1枚(片面・両面とも)・・・・・・・1ポイント
カラー印刷1枚(同上)・・・・・・・・・・・・・・・  5ポイント 
※使用ポイントは、図書館と自由利用コンピュータ実習室で合算されます。
※図書館ではカラー印刷はできません。
※ポイントの追加申請はカウンターでできます。ポイント追加に料金は発生しませんが、資源節約を心がけ、印刷枚数削減にご協力ください。

▪️コピー機
 
 資料の複写のために、館内にコピー機を設置しています。著作権の範囲内で利用してください。なお、図書館資料以外の複写はできません。

モノクロ・・・・・・・10円/枚 
カラー・・・・・・・  50円/枚

[設置場所] 
白金 2F、5F、6F、7F 
横浜 1F


著作権について

 図書や雑誌記事・論文、新聞記事などの資料は、著作権法により、その利用が保護されていますが、図書館での複写(コピー)は、同法第31条「図書館における複製」で一定の条件のもとに認められています。著作権の保護期間は、著作者の没後50年間、団体著作物は公表後50年間となっています。

スクリーンショット 2015-04-28 18.59.18

 図書館の所蔵する資料は、保護期間が経過していない資料であっても、調査・研究の目的であれば、館内で複写できます。複写できる範囲は下記のとおりです。

7-5-4

 

← 前へ      次へ →