図書館をフル活用 !


もっと授業の理解を深めたい!


 図書館には、授業の助けとなる本がたくさんあります。まずは図書館を歩きまわって、自分の知りたいことが書いてありそうな本を探してみましょう。この本だったら、あの授業のヒントがもらえるかもと考えながら、いろんな本を開いて、自分に合った本を探せるようになるのも、本の探し方のひとつです。

 図書館の授業関連図書コーナーには、教員が授業の参考に読むように指定した本が並んでいます。

 OPACの授業関連図書リストを見ると、教員がどの授業で何の本を指定しているか一覧で確認できます。授業関連図書コーナーの本は貸出できませんが、同じ本が一般書架に並んでいれば、借りられます。まずは授業関連図書をチェックしましょう。


語学力を身に付けたい!


 図書館には外国の本や雑誌、新聞がたくさんあります。難しい研究書や学術雑誌だけでなく、ペーパーバックやスクリプトのように読みやすい本もあります。

 はじめは初学者向けのやさしい英字新聞The Japan Times STを読んでみて、上級生になったらNew York timesに挑戦してみてはいかがでしょうか。英字新聞のほかに、Le Mondeや人民日報,東亜日報なども所蔵しています。

 少し時間の空いたときに、気楽に読める洋雑誌 Time,Paris matchなどを読んで英語やフランス語に親しむこともできます。少しずつ語学力アップを心がけると、卒業する頃には、分厚い洋書を完読できるかもしれません。

 語学書コーナーには、多読用リーダー、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・韓国語の学習書や試験参考書などがたくさん並んでいます。図書だけでなく、AV資料も所蔵していますので、プラダを着た悪魔』のDVDを観て、面白かったから原作のThe Devil wears Pradaを読んでみるとか、スクリプト本を読みながら映画のDVDを見るといったこともできます。

 海外旅行書コーナーには、世界で最も有名な旅行ガイドブックLonely Planetがありますので、英語を読みながら、いろいろな国に旅行した気分が味わえます。


大学生活に慣れる


 横浜図書館の高校生から大学生へコーナーでは、入学したばかりの新入生のみなさんが、難解な専門書を読みこなすまでのファーストステップとして、文庫本の小説があり、多読することで日本語の文章力アップに役立ちます。

 また大学には、高校までとは違って、いつもいられる教室がありません。図書館には静かに学習できるところも、話し合いながら勉強のできるところもありますので、お気に入りの場所を見つけてください。


明治学院の先輩はどんな活躍をしているだろう


 白金図書館明治学院大学コレクションコーナーでは、戦後の明治学院出身者の著作を集めています。こどもの絵本を書いている先輩や、さまざまな本の翻訳をしている先輩、会社を経営している先輩などいろいろな先輩がいます。

 学部で学んだ分野へ進んだ先輩もいれば、全く違った分野に挑戦している先輩もいて、卒業後はいろいろな生き方があることを教えてくれます。

 魅力的な本が揃っていますので、ぜひ読んでみてください。

← 前へ      次へ →