4-14 書評をさがす 

 書評とは図書についての批評や紹介、評価を含んだ文のことです。その図書がどのような評価をされているか、過去にどのように評価されたかを知るのにも役立ちます。また、ある分野を知るために重要な資料を読んでおきたいときに、書評でその資料に対する評価を確認することにも役立ちます。

①新聞の書評欄・書評専門誌

 多くの新聞では日曜版に書評が掲載されており、新聞社サイトでも読めます。また、「文芸時評」「読書日記」といったタイトルで実質的な書評が掲載されていることもあります。定評のある書評欄に掲載されたものを読むことで読書の幅を広げることもできるでしょう。

読売新聞 本よみうり堂 
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/
朝日新聞 book.asahi.com 
https://book.asahi.com/
毎日新聞 本はともだちほか 
http://mainichi.jp/book/
日本経済新聞 ブックレビュー 
http://www.nikkei.com/life/review/
出版ニュース/週刊読書人/図書新聞/出版社のPR誌など
 

②海外の書評を読む

・Times Literary Supplement(TLS) Historical Archive
イギリスのTimes 紙の付録として1902 年に生まれた週刊の書評紙の データベース。2012年分まで収録されており、全文検索や書評対象資料のタイトルや、著者名、評者名などで検索ができます。
アクセス方法は3-7 「データベースへのアクセス方法」を参照してください。
 
・The New York Review of Books
1963 年創刊のアメリカの隔週刊の書評誌です。白金図書館で1972 年分 から最新号まで、横浜図書館は直近1 年分の冊子体を所蔵しています。また、 電子ジャーナルで創刊号から最新号までの一部記事を読むこともできます。

 

③書評を検索する

 新聞や雑誌記事論文のデータベースで書評を検索することもできます。いずれも検索画面で、書名や著者名で検索する、記事分類・種類を「書評」にするなどして検索できます。


インターネット上の書評

 書店の公式サイトのほか、最近では作家のファンサイトや個人の読書家による読書日記などたくさんの書評サイトがあります。

 新聞や雑誌に掲載された書評を検索できるもの(WEB RONZA など)、出版社や書店の書評ページ (文春オンライン「読書」、紀伊国屋書店「注目の本・書評」、Amazon など)、読者が自分で投稿できるものなど、さまざまにあります。

 学術利用に使うときは書評の出典をよく確認しましょう。


「ビブリオバトル」を知っていますか?


 ビブリオバトルとは、バトラーと呼ばれる発表者が読んで面白いと思った本を順番に紹介し、発表の後に参加者全員でどの本が読みたくなったかを投票してチャンプ本を決める書評ゲームです。学生が本を読むきっかけとして、2016 年秋に横浜図書館で開催したビブリオバトルでは、超定番名作小説や社会派ノンフィクション、自己啓発本など多彩な本が紹介されました。参加者からは「発表者の思いや考えが伝わってきた」「文章より言葉で紹介されたほうが興味をそそられます!」などの声も聞かれました。
みなさんもぜひ参加してみませんか?

← 前へ      次へ →