8章 他の図書館の利用

 ひとつの図書館で全ての資料を所蔵することは不可能です。そのため図書館同士で、利用者が必要な資料にアクセスできるよう、相互に協力体制を築いています。探している資料が本学図書館にない場合は、「購入」という選択肢もありますが、ほかの図書館を利用して入手するということもできます。
 公共図書館など、一般の利用者に公開されている図書館は個人で直接利用できますが、非公開の場合でもこの章で紹介する方法で利用できます。
 どの方法が一番適切かはケース・バイ・ケースなので、図書館員に気軽に相談してください。

  1. コンソーシアム
  2. 紹介状
  3. 文献複写
  4. 現物貸借
  5. 国立国会図書館
  6. 公共図書館
  7. 資料館など

← 前へ      次へ →