2-2 一次資料と二次資料

 一般的にオリジナルな情報を一次資料と呼び、それに編集、加工したものを二次資料といいます。

 情報収集の場面では、二次資料とは一次資料を見つけ出すための検索ツールとなる「目録」「索引誌」、一次資料を編集、整理し、その内容を取捨選択し、評価を加えた「百科事典」や「ハンドブック」のことを指します。研究や論文のために必要な一次資料は、やみくもに探しても適切な資料にはなかなか辿り着けません。 一次資料を探すときには、二次資料を使って網羅的にかつ効率的に探すようにしましょう。

← 前へ      次へ →