YISAとは…

新着情報

 本会の前会長でもあった竹尾茂樹前学部長は、このサイトへの挨拶の言葉として、次のように記していました。

 このような時代(註:チェルノブイリ原発の事故やベルリンの壁の崩壊などが起こり、国際学部が誕生した1980年代後半)にスタートし、30年を経た今日『国際化』の意味も大きく変わりました。紛争のない平和な社会をめざす学問の構築を、という理念をどのように身のあるものにするか、という問いも日々更新せざるを得ません。それぞれの時代に、国際学部で過ごした卒業生はその後の時間をいかに生きたでしょう?また大学の経験はどんな意味をもったでしょうか?
2016年に学部創設30周年を迎え、国際学部に関わってきた皆さんとこうした意味を改めて確認しようという機運が生じました。……

 残念ながら、僕自身は他大学の出身ですが、母校と同じミッション系の明治学院大学に奉職し、卒業した教養学部と同じ雰囲気を持つ国際学部に所属できたことに大きな縁を感じるとともに、この居場所を尊く思っています。そこでは思いがけない人との結び付きが生まれ、自らの現在の姿や辿ってきた道を振り返る貴重な場所となってくれています。

 人には他者との絆を確かめ、来し方を見つめ直す場所が、必ず必要です。

 横浜国際学会(YISA)が、そのような場所の一つとなることを願って止みません。

2018年4月

国際学部長 戸谷 浩