2018国際学部体育祭

 春学期の定期試験が終わった8月1日、国際学部体育祭が開催されました。この行事は、YISA(横浜国際学会)の支援のもと、学生たちの運営によって開催されているもので、今年は昨年に続いて2回目の開催となります。午前中は体育館で、午後はヘボンフィールドで、各種競技を行い、参加者約180名。学年やゼミを越えてチームを作り、競技を楽しむと同時に、国際学部生としてのつながりも広がりました。
 各チームから最優秀選手が選ばれ、優勝チームには、国際学部長杯が戸谷学部長から授与されました。
 猛暑の中で、氷を用意したり飲み物タイムをとったりと注意をしていたのですが、残念ながら体調を崩す学生が数名出ました。次回からは開催時期の再検討が必要かもしれません。